9つの点

思い込みや先入観の弊害に気づく!

9つの点すべてを通る一筆書きを考えてもらいます!ただし、使える直線は4本です!

ワークの目的      思い込みや先入観に気づく
対象者 どなたでもOK
時間の目安 約5分
人数 何人でもOK
準備 筆記用具

ねらいと効果

思考の枠を外して、柔らか頭で自由に発想することの大切さに気づきます。

いかに私たちが、無意識に思考の枠にとらわれてしまっているかを実感します。

「当たり前に思っていること」や「みんながやっているから」といった先入観や思い込みの弊害を理解します。

進め方

問題を説明します。

「ここに9つの点があります。この9つの点すべてを通る一筆書きを考えて下さい。」

「ただし、使える直線は4本。曲線はNGです!」

準備が出来たらスタート。時間は2分くらい。

「始めて下さい。2分くらいでやってみましょう。」

「テキストがお手元にある方は、実際にペンを走らせて、お書きになって下さい。」

正解例を見せ、答え合わせします。

「では、正解例をお見せします。ポイントは「はみ出す」ということですね。」

「上手くできなかった方は、おそらく、9つの点でできている「四角の枠組み」を、無意識に思い浮かべたのではないでしょうか。そうすると、「その枠の中で何とかしなければいけない」という発想になるので、うまく行かないわけですね。」

「その四角の枠組みのことを、「固定観念」とか「思い込み」って言いますよね。でも、その枠組みや思い込みを外して、自由な発想で眺めると「はみ出す」という別のやり方が見えてくるわけです。」

ワークの効果を最大化するコツ

❑ 出来ている方を見つけたらほめる

 ワーク中に出来ている方を見つけたら、その場で「おっ!○○さん、スゴイじゃないですか!出来てますね。頭柔らかいですねぇ!」とほめてあげると、喜んでくれます。承認欲求が満たされるので、本人の意欲が上がります。また、それを聞いた周囲の方は刺激を受けるので、より積極的に取り組むようになります。

 自分の思考を制限する「思い込み」や「先入観」を振り返る

 実際にやってみると、ほとんどの方が、うまくできずに終わります。そして、正解をみた瞬間に「あ~、そっか!」となります。頭が固くなってることに気づくんですね。では、どうして頭が固くなってしまうのでしょうか。私たちは、生まれてから環境に適応するために、様々な考え方を身に着けてきました。そのなかでも良かれと思って身に付いた「○○でなければならない」とか「□□であるべきだ」といった思い込みや先入観にとらわれてしまうと、時には我々の自由な発想を制限することがあります。なので、時間があれば、私たちの発想を制限する思い込みや先入観はないか、振り返ってもらうと良いでしょう。

お気軽にお問合せください

お問合せ・ご相談は

<受付時間>

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

2024/6/20
ファミリーマート様「新任管理職研修」に登壇しました
2024/4/8-9
サッポロビール様「新入社員研修」に登壇しました。
2024/2/5
ポケモンセンター様「コーチングスキル研修」に登壇しました。
2024/1/22
東芝グループ様「新任役職者・管理職研修」に登壇しました。

株式会社
リソースフルデザイン

住所

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3-21 ちよだプラットフォームスクウェア1095

アクセス

・竹橋駅より徒歩2分
・神保町駅より徒歩7分
・大手町駅より徒歩8分
・小川町駅より徒歩8分
・JR神田駅より徒歩12分
※近隣にコインパーキングがございます

受付時間

10:00~17:00

定休日

土曜・日曜・祝日